Posts By orange

3ds MaxとAway3Dを使ったキャラクターアニメーション作成

先日のStage3D勉強会(第3回)で3ds MaxとAway3Dを使った キャラクターアニメーション作成について発表させて頂きました。
発表資料をこちらに掲載しています。どうぞご覧くださいませ。
Stage3D勉強会(第3回) 活動レポート | ICS LAB

英語リスニング学習者必見。台本のない会話を聴き取る「英語シャドーイング練習帳」をオススメする7つの理由

つい最近、某Flashのイベントで日中ずっと(5時間ぐらい)英語の発表を聞く機会がありました。
そこで、「おや?なんだかよく英語を聞き取れる。」ということに気づいたのです。
さらに、海外ドラマや映画の音声もなんだかよくわかる!
これは一体!?
ということで、英語を学習されている方、これから始めてみようかなと思っている方の参考になればと思い記事にしてみました。

数十人のネイティブの方に台本がないままインタビューを実践し、その場で好き勝手話してもらうという内容の学習書のご紹介です。

Away3D 2013年ロードマップの和訳


先日発表されたAway3Dの投稿の和訳です。(一部抜粋)
2013年はさらに力を入れていくということですね!個人的にはAway Builderにとても期待しています。

Flashup 第14回発表資料 「Away3Dと3dsMaxを使った 3Dモデルの表示~基本的なマテリアル設定」

今回の発表資料を公開します。どうぞお役立てください。

スマートフォン用壁紙 : Space Shangri-La


先日作成したFlash作品をスマートフォン用の壁紙にしてみました。

Away3D作例: Space Shangri-La

http://orange-suzuki.com/labs/spaces/
Away3Dライブラリを使った作例です。

書籍紹介:ゲームグラフィックス2012


ワークスコーポレーションさんより出版されている「ゲームグラフィックス 2012 CGWORLD特別編集版」、
数々の有名ゲームのコンセプトアート、 メイキング、ツール群などをまとめて堪能できます。

Unity 3D作例: Bouncing Balls

Unity 3Dで作成したパーティクル(つぶつぶ)と物理エンジンのテストです。


Flashup 第13回発表資料 「Flare3D入門講座 簡単な3Dのゲームを作ってみよう」

今回の発表資料とサンプルファイルを公開します。

Stage3D対応のFlare3DとMixamoで簡単3Dアニメーション作成

Flare3DというFlashの3Dライブラリを使ったデモンストレーションを作成しました。
テストのため、床面にフォグ(霧)、キャラクターと地球にスペキュラマップ(テクスチャを使った光の照り返し)を用いています。

サンプルコンテンツを見る “Dancing on the Earth” (要 FlashPLayer11)
※音にご注意ください