Stage3D対応のFlare3DとMixamoで簡単3Dアニメーション作成

Flare3DというFlashの3Dライブラリを使ったデモンストレーションを作成しました。
テストのため、床面にフォグ(霧)、キャラクターと地球にスペキュラマップ(テクスチャを使った光の照り返し)を用いています。

サンプルコンテンツを見る “Dancing on the Earth” (要 FlashPLayer11)
※音にご注意ください

 

Flare3D

YouTube Preview Image

ツールセットが充実しているFlashの3Dライブラリ。基本的な3D表示に必要なAPI、物理演算エンジンを搭載。
Autodesk社の3d studio Maxと連携したワークフローが提供されています。
去年のAdobe Max2011の映像も合わせてどうぞ。
Flash and 3D, Start Your Engines!

 

Flare3D Studio


専用のFlare3D Studioを使って、スクリプトを一切書くことなく、ドラッグ&ドロップで簡単にこのような3Dコンテンツを作成することができます。

  • テクスチャ(画像、ノーマルマップ、スペキュラマップ、カラーオーバーレイ、環境マップ、平面マッピングetc)、
  • ライト(点ライト、方向ライト)、
  • フォグ(霧)
  • カメラアングル

などもツールで簡単作成。トゥイーンアニメーションなどもFlashのIDEと同様の仕組みで作成できてしまいます。
今回、スクリプトと組み合わせ、サウンドとカメラワークを仕込んでいます。

 

Mixamo

YouTube Preview Image

キャラクターアニメーションには、Mixamoというサービスを使ってアニメーションをダウンロードしています。
ゲーム開発用に、人や動物の様々なモーションを販売したり、モーションキャプチャーを請け負っているサービスとのこと。
MixamoとFlare3Dのコンビは相性がいいという公式アナウンスもあった通り、Colladaフォーマットもスムーズに読み込むことができました。3Dコンテンツ作成には、素材が不可欠なので、こういったサービスが充実してくるとよりクリエイティブが楽しくなりますね。
※データのダウンロードにはユーザー登録が必要

 

Stage3Dを用いたゲーム開発

YouTube Preview Image

先日のADC MEETUP Round 04 Social Gamingでは、sipo.jpの尾野さんがFlashの3Dを用いた本格的な3Dゲーム開発について紹介されていました。今後ますます、PCゲーム、モバイルアプリ、イベントのアトラクションなどでのFlashの需要が増えるかなと思いつつ、UnityやWebGLなどもチェックしていきたいと思います。

 

リンク

 


Comments are Disabled